忍者ブログ
ログハウスのセルフビルド着工はいつに??? ステディカムも作っています
久しぶりのステディ話題になりますね。
ver4.21研究キットはかなり良い出来と思っているのですが、HPとブログだけしか販売していることを載せていないこともあって、まだ3セットありますのでご希望の方はHPからご注文ください。

現在、ステディ画面の縦揺れを抑えるものがとりつけられないか、研究中です。
ゴムのショックアブソーバーをブリップに取り付けたのですが、歩いて撮影するとかえって見づらい動画になってしまいました。
バネもゴムと同じくでした。
やはりベストに取り付けるアームでないと縦のゆれは吸収できそうにありませんね。
なんとかしてジンバルに取り付けられる簡易アームを模索、研究する計画です。

さて、このタイトル「左右に振ってみる」は、グリップを握ってステディを左右に振ってバランス調整を試みようということです。
どこかの動画サイトで見かけましたのでとりあえず文章にします。

左右のどちらかにステディを振った時に末端のウェートが重すぎる場合は、末端の方が加速しにくいため振りはじめると末端がカメラに比べて少し取り残されます。
当然カメラは左右どちらかに傾きます。
止める時には末端が重いことからステディが振り子運動するようになります。
対策は、末端のウェートを軽くして再調整します。

ver4.21ではあまりつけていないのですが、市販ステディカムではアーム前部にもウェートを取り付けていますね。
ここが重い場合も上記と同様の原理で左右に振ったときのステディの動きが不安定になります。
左から右へ振ったときは、動き始めにカメラが左方向を向き、止めたときはカメラが右方向へ向くと考えられます。

んー、文章より動画がいいですね。
時間を作って動画をとってアップすることにします。

今まではジンバルを固定した状態での調整でしたが、ジンバルを左右さらに前後に振ってバランス調整することも必要ですね。

6月18日 動画を追加しましたのでご覧ください

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 2008 あにまるっ のログハウス建てちゃうぞ でっきるかな? All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS