忍者ブログ
ログハウスのセルフビルド着工はいつに??? ステディカムも作っています
ニセコへは2006年に1回し、2007年に2回でかけました

これを書いているのが2010年であることも手伝って、2007年の2回分の記憶がごちゃごちゃです。
確かなことは、2回目では思う物件がなく、3回目にようやく理想に近い物件に出会ったことです。

こんなことから2007年の2回分をまとめて書くことにします。

さて、とりあえずニセコに到着したので、前回おせわしてくれた今井造林さんへ行きました。
この時、2006年にあちこち案内してくれた年配の社長さんが亡くなられたことを知りました。
昨年お世話していただいたことを若い社長さん(?)に伝え、新しい物件を紹介していただきました。


1件目

今井造林事務所すぐ近くの宅地で区画の一番奥の物件
確か150坪くらいだったと思います
隣接する区画とあわせると250坪くらい(そんなになかったかな?)
羊蹄山は確か見えなかったような?
ここは分譲宅地の感があって、しっくりと来ませんでした。
分譲のお値段は忘れてしまいましたが坪2万円は超えていたと思います

その後、事務所近くで数件案内していただいたと思いますが記憶に残っていません。
ごめんなさい

この1件以外で記憶に残っているのは、区画され数軒すでに家が建っている地区で、確か木工家具の仕事場と傾斜地の下の方に池がある区画でした。
土地は傾斜のある林で、こちらもなんとなくしっくりこない土地でした。
林で羊蹄山は確か見えなかったと思います。

あちこち案内してくれましたがどれも思う土地とは違う場所でした。
ほんと、今井造林の社長さんごめんなさい

この日の宿泊場所は昨年の土地さがしの最中に泊まったペンションふらいぱぁん
2006年は予約したのが夕方で夕食が食べられなかったのですが、2007年は夕食をとることができました。
フランス料理を気軽にいただき、ビールもおかわりして満足
このペンション、ペットと一緒に泊まることができる部屋もあるそうです。


土地さがしにもどることにしましょう

2007年はニセコ宅建さんにもおせわになりました。
屋号にニセコが入っているのですが事務所は隣町蘭越町です。
事務所に用事があるわけではないのでどこにあっても問題なしです。

電話したところ羊蹄山から少し離れるけど、すぐ近くにログハウスをセルフビルドしている人がいる区画を案内してくれました。
国道の途中で待ち合わせて、ニセコ宅建の車についていくと、国道からわき道に入り、牧草地に間を抜け、さらにわき道に入ったところに着いた。
この区画、手前にすでに2軒家が建っており、分譲するのはその奥とのこと
道路はアスファルトから砂利道にかわっていて冬の除雪が大変と思っていたら砂利道までは町が除雪してくれるとのこと。
水道もこの砂利道沿いに通っており、家まで引き込めばOK
土地はほぼ平らで、白樺林になっているが、元は畑とのこと
木を倒せば畑作業もできますよ、との説明であった
1区画300坪で坪単価1万円弱(2007年)
農作業もできそうで、かなり理想に近い条件であったが、羊蹄山から少し遠い場所だった

ここでの大発見は、この区画の一番奥でログハウスをセルフビルドしていることだった。
2007年夏時点ではコンクリ基礎が完成し角ログが数段組みあがっていた。
これを見た時には大感激!
あにまるっ、と同じコトを考え、実行している人が目の前にいる!
と、土地よりもこのログハウスオーナービルダーに会ってみたいと現地案内のあと建築現場へ近づきました。
ところがこの日は作業をしておらず、どこかへ出かけている様子
残念がってもしかたありませんが、ともかくログハウスセルフビルド現在進行形の人が目の前にいます。
ニセコにいる間に足を運んで会ってみようと思いました

この時、こんなことを考えていたのですが、奇遇とはあるもので翌々日にこの現場で思いもかけない一日を過ごすことになりました。

つづく

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 2008 あにまるっ のログハウス建てちゃうぞ でっきるかな? All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS