忍者ブログ
ログハウスのセルフビルド着工はいつに??? ステディカムも作っています
アルミモデルにカメラ重量1100gのビデオカメラCCD-TR45をのせてみました。a2afc894.JPG
バランス部(アーム)の最終端は約47gのウェート3個としました。
しかし、撮影中に少し飛び跳ねるとヒンジ部分が開きます。
ウェート3個は重たすぎてヒンジ部の許容重量オーバーです。
それに総重量2200gは重たすぎて長時間撮影にはかなりの腕力が必要です。

このアルミモデルではヒンジ部の角度を多少修正できるようにわざわざプラスチックナットをかませています。
このおかげでヒンジ部がうまい具合に動いたり固定したりしています。

結論としては1100gカメラは搭載できますが、ヒンジ部部品を変える必要があります。

IMG_0820.JPG
そこで、TR-45より軽い570gのSONY PC101でテストです。
アーム最終端ウェート1~2個ですむのでヒンジ部は広がりません。

以上の実験からアルミモデルの搭載可能カメラ最大重量は570gとします。

強度面から570g以上のカメラも搭載可能だと思いますが、その場合はヒンジ部品を工夫する必要があります。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 2008 あにまるっ のログハウス建てちゃうぞ でっきるかな? All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS