忍者ブログ
ログハウスのセルフビルド着工はいつに??? ステディカムも作っています
<ジンバル部に使っているスケボ用ボールベアリングについて>

自作ステディで使うスケボ用ボールベアリングは、シールドを開けて内部のボールをいくつか外し、外した部分にブレーキの役割をするプラスチック片をいれる改造が必要です。

スケボのベアリングの大きさは同じですが、シールドされて内部のボールがみれないものと、シールドが押しピンなどで外れるものの2種類あります。
この区別は見た目でわかるものもありますが、わかりづらいものもあるとのことです。

あにまるっ、が、手に入れたボールベアリングは両面シールドだったのでこの改造ができません。
自作ステディカムのコンセプトが「加工不要」だったこともあり、WSCLATER さんのHP中のこの記事は気になったのですが、自作ステディのボールベアリングはあえて手を加えませんでした。

しかし、実際には撮影方向の不安定さが気になりますねぇ

と、いうことでボールベアリングの改造を計画しました。

計画では、ベアリングのシールドを押しピンで開け、中のボール(ボールが1個づつホルダーに納まっているような写真も??)を数個外し、その空間にプラスチック片を3個詰めることでブレーキをかけることによりカメラの方向が左右に振れにくくなる、下のようなベアリングになります。

とはいっても、シールドが外れる種類のスケボ用ボールベアリングは無いので入手したらブログに載せますね。


WSCLATER さんのHPより

This coupling allows the panning ring to 'slip', allowing smoother pans. The vertical shaft of the gimbal is fixed to the centre ring of a ball bearing, and the outer ring is actuated by hand. Three short sections of soft plastic sit between tthe inner and the outer rings, and provide the necessary friction. The plastic grips the outer ring, and there is movement between the plastic and the inner ring. The ball cage has been removed. There is no lubricant in this design, other than a trace film of oil. Too much oil or grease produces inconsistent friction.

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
スケボ用ボールベアリング
こんばんは

”普通 ”のベアリングでは無理な改造ですよね。
スケボ用ボールベアリングが無いのでとりあえず普通のベアリングで作ってみます。

今週末には仮組テストできそうです。

>シールドが外れる種類のスケボ用ボールベアリングは無いので入手したらブログに載せますね。

楽しみにしてます (^_^)

ロックヒル 2009/08/03(Mon)23:29:25 編集
無題
こんにちは、別件(サイクルトレーラ)用のアイディア検討中に寄らせて頂きました。
垂直軸廻りの重心と軸線のズレの解消と、グリス溜まりへの練り消しゴム等の高粘度素材の圧力充填の併用でなんとか出来ないでしょうか。
sou 2009/09/07(Mon)02:45:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 2008 あにまるっ のログハウス建てちゃうぞ でっきるかな? All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS