忍者ブログ
ログハウスのセルフビルド着工はいつに??? ステディカムも作っています
ステディカムが傾いて止まる原因は次の2つのようです。
1)バランス自体がとれていない。
2)バランスがとれているがドロップタイム(以下、DT)が長すぎる。

1)の場合は水平になるように再調整しましょう。
 カメラ位置、バランスウェート位置、ギンバル取り付け位置(前後、上下)をいろいろ調整します。
2)の場合はDTを短くしましょう。
 バランスアームヒンジ部の角度、ギンバル取り付け位置(上下)、場合によってはバランスウェート増減

よく言われているDTは1秒~3秒。
あにまるっは2秒くらいに設定していますが、これだと撮影中にステディカムが水平まで戻らず斜めの位置で止まることがよくあります。
なので、常に水平に気を使わないと斜めのままで撮影してしまうことになり、後ろ向きの撮影ではモニタを覗き込めないため、たいてい斜め画像になってしまい、使い物になりません。

斜めで止まってしまうのは製品にもあることで、「ハンドヘルド用ビデオカメラ安定化装置」によると「(略)ステディカムJR、独ザハトラー社アルテミスDVでは、停止位置が不定、頻繁に垂直バランスを調整する必要があると報告されている。」と書かれています。

DTはスレッドタイプとマーリンタイプでも違うようで、先日のeiji1783さんの話によるとスレッドタイプはマーリンタイプより長めに設定しているそうです。
チルトする時はDT長めの方がたしかに扱いやすいのは確かです。

なお、バランスには静的バランスと動的バランスがあり、鏡の前でステディカムを振る動的バランスが頻繁に取り上げられます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © 2008 あにまるっ のログハウス建てちゃうぞ でっきるかな? All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS